いろいろとゲームを語ろう

物好きなゲーマーがただただ最近遊んだゲームの感想とか内容とか書いていくブログ。レトロゲームの割合が高いかもしれない。更新は気が向いた時にだけ。

ファミコン探偵倶楽部PartⅡ うしろに立つ少女

f:id:Monozuki:20181126004524p:plain

ふぁみこんむかし話シリーズと双璧を成すファミコン探偵倶楽部シリーズ!
今回はその2作目であるファミコン探偵倶楽部PartⅡ うしろに立つ少女』である!

前作のシステムをそのまま引継ぎつつ、全く新しい物語が描かれている!

f:id:Monozuki:20181126012547j:plain

ちなみに、いつも通りの前後編ディスクである。
余談だが、今作はディスク読み込みがしづらいのか、ちゃんと読み込むディスクを買いなおすハメになった。
あと、やっぱりマップ移動でディスク入れ替えが要求されるのでドライブが死にそうである。

今作は前作『消えた後継者』の3年前の物語である。
そのため、前作の物語を知らなくても全く問題はない

f:id:Monozuki:20181126004612p:plain

むしろ、今作のラストシーンがそのまま前作の始まりに繋がるので、『うしろに立つ少女』『消えた後継者』の順にプレイするのもまたオツである。

基本システム自体は殆ど前作と変わっていない、なので前作をプレイしているならすんなり入っていける。

一方で、演出面は遥かにパワーアップしている。
ゲーム開始直後のシーンを見比べてみると一目瞭然である。

f:id:Monozuki:20181112235249p:plainf:id:Monozuki:20181126004405p:plain
左が『消えた後継者』、右が『うしろに立つ少女』

前作ではどんなシーンでも必ず通常のUIが表示され続けていたのだが、
今作では新たに重要シーンではUIが消えてスチルが表示されるようになった。

f:id:Monozuki:20181126005110p:plain


スチル以外にも細かな演出で前作よりパワーアップしており、急展開のシーンでは雷土のエフェクトが入ったり、被害者に近しい関係の人物が現場を目の当たりにした際、肩を震わせたり(テキストではなく、ドット絵がホントに動く)と前作からの順当に進化している。

僅かな変更点だが、これが地味に大きい。
このおかげでシナリオへの没入感がよりパワーアップしている!

f:id:Monozuki:20181126005945p:plain


シナリオは相変わらずハイクオリティ
今作のテーマは学校の怪談、事件自体の規模は前作に比べると小さめなものの、前作の『集落の伝承』に比べるとより身近な恐ろしさを感じられる。
前作は推理小説のようなシナリオだったが、今作は推理ドラマみたいな印象がある。
(例えがわかりづらいような気がする)

シナリオについては前作の方が個人的には面白かったが、システム面や演出面の強化により読みやすさと没入感は今作の方が上だったように感じた。

f:id:Monozuki:20181126004856p:plain

前作では裏方に徹し続けていた(せいであんまりヒロインっぽくなかった)ヒロインの『あゆみちゃん』だが、今作ではなんと被害者の親友事件の容疑者として登場する。
積極的に事件の捜査に参加するため、必然的に彼女へスポットが当たることが増えているのでヒロイン感がだいぶ増している

f:id:Monozuki:20181126005200p:plain

そして、前作で重要キャラ(っぽかったにも関わらず一切出番がなかった)『空木所長』がOPから登場し、優れた推理力イケメンパワーを盛大に発揮してくれる。
(なお、そこがピークで以後凄い勢いで出番が減っていく模様)

サウンド面も相変わらずクオリティが高く、特に急展開のシーンで流れる曲やスタッフロールで流れる曲がお気に入り。

f:id:Monozuki:20181126005313p:plain

登場人物もやっぱり印象的なキャラが多く、頼れる(?)仲間の『ひとみちゃん』謎の安心感がある『駒田先生』開幕から怪しさ100%の『田崎』といくらでも思い出せる。
駒田先生の初対面の時点で『あ、この人絶対死なないし犯人でもないわ』と察せられるキャラ付けは流石だと思う。

f:id:Monozuki:20181126005434p:plain

難易度も前作から引き続き低め。
ゲームオーバーはなく最終的には総当たりが可能。
前作のような数ドット単位の選択を要求されるシーンもないため詰まることは少ない
ただ、一ヵ所だけ明らかに難易度が高すぎとしか思えない個所がある。
ネタバレにならない範囲で言わせてもらうと、ずばり後編の一番最初のシーンである。
このシーンではそこそこ広い迷路を進むことになる。

f:id:Monozuki:20181126005546p:plain

前作でも迷路シーンはあったのだが、マッピングが面倒くさいだけでそこまで難しくはなかった。
今作でもマッピングさえすれば難易度は下がる、というかマッピングしないとやってられないのだが、その上に更に特定地点で特定の方角を向く(ノーヒント)事によりフラグを立てる必要がある。マッピングをした上での総当たりでもなかなか心が折れそうになるので、ここが今作唯一の詰みポイントだと感じた。

f:id:Monozuki:20181126005732p:plain

今作は前作同様に移植に恵まれているのでプレイしたいときにすぐにプレイできるのがやっぱり魅力である。
SFCリメイクGBA移植各種VC配信プレイ環境さえ気にしなければ誰でも触れられる
前作で問題だったシステム面も軒並み改善されているし、シナリオや雰囲気は今の時代でも通用する。オマケにラストがそのまま前作に繋がるので、今からプレイしたいのなら今作からプレイするのが一番だと思う。

ともあれ、今なお愛され続けているのも納得できる名作であった!

f:id:Monozuki:20181126005635p:plain

オマケ
あゆみちゃんは前作だとあんまり印象に残らなかったんだけど、今作をプレイしたことで『ファミコン探偵倶楽部シリーズにはあゆみちゃんが必須である』という結論に行きついたのである。
つまり何が言いたいかっていうとあゆみちゃん可愛い。

 

その他の任天堂製ADV作品

monozukigame.hatenadiary.com

monozukigame.hatenadiary.com

monozukigame.hatenadiary.com

monozukigame.hatenadiary.com

monozukigame.hatenadiary.com