いろいろとゲームを語ろう

物好きなゲーマーがただただ最近遊んだゲームの感想とか内容とか書いていくブログ。レトロゲームの割合が高いかもしれない。更新は気が向いた時にだけ。

タイムツイスト 歴史のかたすみで

f:id:Monozuki:20180923205117j:plain

任天堂製のADVシリーズ3作目、『タイムツイスト 歴史のかたすみで』
ディスクシステムで展開されている中ではこれが最終作にあたる。

このシリーズのお約束で、前後編ディスクである。

f:id:Monozuki:20180923205315j:plain

正直、今の時代にディスクシステムをわざわざ買ったのは今作が遊びたかったから。
それぐらい気になる作品だったのである。

頑なに移植もリメイクもされていないしね。

今作のシステムは前2作である『新 鬼ヶ島』遊遊記のものとほぼ同じ。
ただし、前作までの最大の特徴であった『ひとかえる』システムは今作にはない。
(そもそも、今作の主人公は一人だけだし)


また、『鬼ヶ島』同様純粋なADVとなっており、途中で突然アクションになったりすることはない。

f:id:Monozuki:20180923210148j:plain

『ひとかえる』システムこそなくなったものの、今作の『他人に乗り移る』というシステムがその延長のような扱いになっている。
今作では気を失っている人間に乗り移ることができ、その人間でしかできないような行動(患者の治療・動物との会話など)を取ることができるようになる。

 

また、通常の主人公は霊体であり、監視の目を無視して動いたり、存在を悟られずに盗み聞きをしたりと、意外とできることは多い
(まぁ、所詮霊体なので会話はできないし干渉もできないのだが)

f:id:Monozuki:20180923210552j:plain

ゲームとしての難易度はかなり低い

というか今作にはゲームオーバーは存在しない
何をやらかしても少し前のシーンに戻されるだけ。


何かあるとすぐにゲームオーバーになってやり直しにさせられた前2作がウソのようである。

 

かといってサクサク進むかというと、それも結構違う。
前作でもゲームを進めるためのクイズが要所で出題されていたが、
今作はそのクイズの難易度がかなり上がった

f:id:Monozuki:20180923210505j:plain

というか、前作ではただの物語の知識レベルの問題だったのに、
今作では『実用的な世界史用語』『ロジック構築』『数学パズル』『医療知識』がさも当然の如く出題される。
もちろん、全問正解するまで物語は進まない
(まぁ、ヒントもあるし、ゲームオーバーがないので気楽に挑戦すればいいのだが)

f:id:Monozuki:20180923212113j:plain

一方でシナリオは演出面でよりパワーアップしており、純粋なADVとしてのクオリティとシナリオの面白さはシリーズで1番な気がする。


ただし、前作までと比べると明らかに路線が違い、シリーズの中でも特に異色

そのため、前作までの雰囲気が好きだったというプレイヤーはあまり面白いと感じないかもしれない。

f:id:Monozuki:20180923212028j:plain

新・鬼ヶ島』は日本昔話遊遊記』は西遊記がテーマで、全体的な雰囲気も割と明るめだった。

『タイムツイスト』のテーマは世界史…なのだが、その根底にあるのはなんと終末論
物語に絡む要素も魔女狩り第二次世界大戦『黄泉』KKK『悪魔』『核戦争』と、並べるだけで気が滅入る物のオンパレード

f:id:Monozuki:20180923210727j:plain

主人公である『おれ』(珍しく名前変更不可)は自分の肉体を奪った悪魔を追い、1995年の東京から紀元前4世紀のイスラエルまで、様々な時代へタイムトラベルを繰り返す。

 

世界史がテーマになっているだけあって、物語の舞台となる時代は誰しもが聞いたことがある人物が幾人も登場する。
ジャンヌ・ダルクアドルフ・ヒトラーアリストテレスエイブラハム・リンカーン、そしてイエス・キリスト

歴史・宗教的に非常に重要な人間たちが、『悪魔』により引き起こされた悲劇によって今作の物語を紡いでいく
(今作が移植されないのってコレが原因じゃないかな)

f:id:Monozuki:20180923210825j:plain

『おれ』は数々の時代を巡って、様々な形で歴史に干渉を行う。
時には一人の少女を魔女狩りから救ったり
時にはアメリカ軍人の捕虜収容所脱走を助けたり
また時にはマケドニアの王子の運命を捻じ曲げて生き返らせたり
ただし、どれも最後まで主人公が関わるわけではない

f:id:Monozuki:20180923211002j:plain

『おれ』と『悪魔』は常に同じ時代に在り続ける存在であり、
『悪魔』がその時代を去れば、『おれ』もその時代から消えてしまう。
今作では、『おれ』が自分の意志でタイムトラベルを行うシーンは殆どない。

 

『おれ』がその時代で行った行動が、どのような結果をもたらしたかについては、
あくまでプレイヤーの想像に委ねられているのである。
これが、『独特な後味の悪さ』に繋がっている。

f:id:Monozuki:20180923212226j:plain

そして、数多のタイムトラベルの末に辿り着くEDはある種衝撃的で、またある種納得のいくとんでもなく恐ろしい代物である。
ゲーム最序盤に出てくる少女の『とあるセリフ』は1周目ではなんてことないものであるが、2週目以降に聞くと全く違う意味に聞こえてくる。こういった『後味の悪さ』今作の最大の魅力である。

f:id:Monozuki:20180923211055j:plain

最初に語ったように、今作は2018年現在、移植もリメイクも行われていない。
内容が内容だし、おそらく永遠に移植されることはないだろう。
ゆえに、手放しで『今作を今すぐプレイしましょう!』とは言えない。
遊遊記と違ってソフト自体もそれなりに高騰しているし。

 

だが、もしもディスクシステムを手にすることがあるのなら、ぜひプレイしてほしい名作だったのである。

f:id:Monozuki:20180923213229j:plain

 

同シリーズ作のについての記事

monozukigame.hatenadiary.com

monozukigame.hatenadiary.com

monozukigame.hatenadiary.com

 

 

君が微笑むと太陽が昇ってくるようだ

 

真実と油は必ず浮かんでくる

 

犬に吠えられているのが泥棒とは限らない

 

他人の不幸に流す涙ほど乾きやすいものはない

 

時は全ての悲しみを和らげる

 

疑問はあらゆる知恵の鍵になる

 

 

 

 

 

 

f:id:Monozuki:20180923211135j:plain

・・・・まらどぅる ばらお がらどぅーら・・・・
・・・・まらどぅる ばらお がらどぅーら・・・・