いろいろとゲームを語ろう

物好きなゲーマーがただただ最近遊んだゲームの感想とか内容とか書いていくブログ。レトロゲームの割合が高いかもしれない。更新は気が向いた時にだけ。

バランワンダーワールド

f:id:Monozuki:20210409003450j:plain

2021年3月26日、いよいよ(個人的な)超期待作が世に放たれた。
あの伝説のクリエイターたちが今一度タッグを組むことで誕生した完全新作『バランワンダーワールド』が!!

f:id:Monozuki:20210408230326j:plain

ハイ、というわけで今回語るタイトルは『バランワンダーワールド』である。
正直言うと今年発売予定の新作タイトルの中で最も期待していたタイトルである。
ぶっちゃけ今作をプレイするためにわざわざPS5を買ったと言っても過言ではない。
期待していた理由は単純に自分が旧ソニチの大ファンだからというだけだが。

当然、限定版であるショータイムセットを予約購入、こちらはゲーム本編サントラCD小説版その他冊子がいくつかとピンバッジがセットになったバージョンである。
(画像には一部体験版キャンペーンのプレゼントも写っている)
購入したのはPS4だが、今作はPS5アップグレード機能*に対応しているため実際にプレイしたのはPS5版となる。

*PS5アップグレード
PS5の機能の一つで『PS5版が存在するタイトルのPS4版を所持していると
無償でPS5版のDL権利が与えられる』というシステム。
PS4とPS5のマルチタイトルは非常に多いが、
対応タイトルはまちまちなのでそれぞれの公式を確認すべし。

続きを読む

Rez Infinite

f:id:Monozuki:20210326015621j:plain

突然だが本日(3月26日)の正午よりSIEの『Play At Home』*キャンペーンの一環として、PS4/PS5を所持しているすべてのユーザーに対し10本のPS4ゲームが無料配布される。10本ものゲームが無償で入手できるというだけで度肝を抜かれるような内容であるが、肝心の配布タイトルのラインナップを見て自分は凄まじい衝撃を受けた。

*『Play At Home』
SIEが2020年から打ち出しているキャンペーンで、
緊急事態宣言下の世の中で自宅でゲームを楽しめるようにするもの。
SIEが提示した一定の期間内に、特定のPS4向けタイトルが無償で配布される。
過去には『風ノ旅ビト』『アンチャーテッドコレクション』『ラチェット&クランク』などが配布された。
ちなみにPSPlusのフリープレイとは別枠なので、Plus会員でなくてもオンライン環境があれば入手可能。

無料配布されるタイトルの中に、入っていたのだ。自分が今まで遊んだすべてのVRゲームの中で頂点に君臨しているあの作品…知る人ぞ知る名作STGRez Infinite』が!!

f:id:Monozuki:20210325220740j:plain

というわけで今宵語るタイトルはRez Infinite』
我が人生で衝撃を受けたゲームトップ5に入る可能性すらある前衛的な作品である!

続きを読む

ASTRO's PLAYROOM

さて、少しずつ、ほんの少しずつではありますが、ようやくPS5も一般層が入手できるようになってきたような気がする今日このごろ。
(まだ完全に流通してるとは到底言い難いが)

 

 

ついに!

自分も手に入れましたぜSIEの最新ハード『PlayStation5』!!
ここまで長かった…実に長かった…発売前のソニーストア第一抽選に落ちたのを皮切りに、ヨドバシで落ちヤマダTSUTAYAノジマでetc…。
落選回数が30回を超えた辺りから段々人としての感情を失いかけていたので、もう現地に出向いてしまおうとヨドバシのゲリラ店頭販売に望みをかけたところ、よりにもよって例の1件(ヨドバシアキバのアレ)に巻き込まれ、それでも諦めず翌日に新宿のヨドバシで手に入れたのであーるー!!!
(親切丁寧に黒カードの使い方を教えてくださった新宿ヨドバシの店員さん本当にありがとうございました)

f:id:Monozuki:20210227224255j:plain

ということで、今回語るタイトルはこちら!
『ASTRO's PLAYROOM』であーるー!!

今作はPS5のプレインストールタイトルであるため、PS5さえ持っていれば無料でいつでも入手可能、初期設定のタイミングからインストールが始められるため、まず最初にこちらのインストールをするのがオススメである。

続きを読む

みずいろブラッド

さてさて、レトロゲーム語りがメインかも』とかブログ紹介に書いてる癖にここ半年は最新ハードの作品ばかり語っていたので、今回は久しぶりにレトロなハード、ニンテンドーDSの作品について語るのである…いやいや、言いたいことはわかるDSをレトロゲー扱いしていいモノなのかは自分としても非常に悩ましいのだが…DSって2004年発売なんすよ…。下手すると今の高校生が生まれる前のハードなんですよ…。

f:id:Monozuki:20210118015810j:plain

まぁそんなこんなで今回はみずいろブラッドを語っていこう!今作を購入したのは遥か昔、しかしいつものように今の今まで放置してたため、先日一気にプレイ、完全クリアしたのである!

公式が提示するゲームジャンルは『即死系ハチャメチャラブコメディ』、コレだけ聞くとよくわからないと思うかもしれないが、実際にプレイしてみると大体その名の通り。より噛み砕いて言うならばミニゲーム集』のような内容である。

続きを読む

2020年にプレイしたゲームを振り返る

さらば2020年!こんにちは2021年!
ということでこの1年間でプレイした作品について語っていくのである!実際にはもうちょい多いのだが、全部触れていくとヤバイ量になるため、とりあえずSwitch/PS4/Steam/IOSに限って触れることにする。一部は過去記事とも被ってる箇所もあるかもしれないが、そこはスルーしてほしい

では早速語っていこう。ちなみにプラットフォームに書いてあるのは自分がその作品をプレイしたプラットフォームである。

続きを読む

『Hatoful Boyfriend(はーとふる彼氏)』

クリスマス、それは恋人たちが愛を語らい合う日
皆様は今年、2020年のクリスマスはどなたと過ごしていましたか?
やっぱり大切な恋人とですか?それとも気を許した親友
家族と共に一家団欒…なんてのもいいかもしれませんね。

私、物好きな自称ゲーマーは去年のクリスマス、男一人のぼっちクリスマスに耐え切れず、夢の世界(クリスマスナイツ)に逃避していましたが、今年は無事、大切な大切な恋人と過ごすことができました。こちらのお方です。

f:id:Monozuki:20201231042257j:plain

華原 涼太くん(カワラバト)

え?
男×男?
現実じゃなくて二次元の存在?
そもそも人間じゃなくて鳩?
……………………………………………………

ああそうだよ!ゲームキャラだよ!彼氏だよ!男だよ!てゆーかオスだよ!さらに言えば人間じゃなくてハトだよ!!
もう自分でもどこから突っ込んでいいんだかわかんねぇんだよ!!

f:id:Monozuki:20201231042616j:plain

えー…ハイ、ということで今回も語っていきましょ(投げやり)
今回語る作品は『Hatoful Boyfiend』誤字みたいな表記だけどコレが正式タイトル。うん、今作は『Heartful(ハートフル)』じゃないんだ。『Hatoful(鳩フル)』なんだ。
ゲームジャンル的には女性主人公の視点で男性キャラを攻略する恋愛アドベンチャー…つまり一般的に言うところの乙女ゲームのカテゴリに属す作品である。しかし、今作は他の乙女ゲーとは一味も二味も違う

続きを読む

ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ

f:id:Monozuki:20201207003430j:plain

ゲーム&ウオッチ
その昔、任天堂が発売した携帯ゲームである。

その名の通り、ゲームと時計がセットになっており、
アラームや時間など、最低限の時計機能に、様々なゲームが遊べるという画期的な代物である。

…というデジャヴ感丸出しの導入から今回もゲーム語りをやっていくのである。

冒頭の導入からなんとなく察している人もいそうだが、今回語る作品はこちら。
『ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズである!

こちらはスーパーマリオ35周年*を記念して、今年40周年を迎える任天堂初の携帯型ゲーム機*『ゲーム&ウオッチ』と今回の主役であるスーパーマリオ』を合体させた一品である。

*スーパーマリオ35周年
『マリオは35年以上前から存在するだろ』という厳しいツッコミを受けそうだが、
コレはあくまで『スーパーマリオブラザーズ』の35周年ということであり、
マリオの35周年というワケではないため悪しからず。
実際にマリオが初登場したのは1981年(39年前)の『ドンキーコング』、
『マリオ』という名が発表されたのは1982年(38年前)の『ドンキーコングJR.』である。

*任天堂のゲームのはじまり
『ゲーム&ウオッチ』は1980年に誕生した任天堂初の携帯ゲーム機だが、
実はそれより3年前(1977年)に任天堂は一足早く、
据え置きハードとして『カラーテレビゲーム15』をリリースしている。
よって厳密に『任天堂初のゲーム機』という場合はこちらを指すこととなる。

続きを読む