いろいろとゲームを語ろう

物好きなゲーマーがただただ最近遊んだゲームの感想とか内容とか書いていくブログ。レトロゲームの割合が高いかもしれない。更新は気が向いた時にだけ。

麻雀ファイトガール in 快活CLUB

『麻雀ファイトガール』…それはKONAMI麻雀格闘倶楽部で培ったノウハウを活かし開発した一味違う美少女本格麻雀である。麻雀格闘倶楽部と同じく日本プロ麻雀連盟のお墨付きであり、『対局できる麻雀アニメ』を目指した本作は可愛らしいキャラたちに良質なBGMド派手な演出と賑やかな対局、更に徹底的にストレス要素を廃したレート制度にバリエーション豊かなイベント対局、何よりも『麻雀初心者or入門者でも問題なくプレイできる/ルールを覚えられるサポート機能』によって数多くのプレイヤーの心をガッチリと掴んで離さない、新進気鋭ながら将来有望なアーケードの麻雀ゲームである!!

本作『麻雀ファイトガール(MFG)』のゲームセンターでの稼働がスタートしたのは2023年3月22日のこと。早いものでもうすぐ稼働から1年が経過しようとしている。この1年間でMFGは数々のアップデートが行われ、UIとサポート機能の改修キャラやカットイン、そして特殊ルールのイベント対局の追加チュンビームを超えるダブル・トリプル・ファイナルチュンビームの追加…と1年が経過してもその魅力は衰えることなく、むしろパワーアップしているとすら言い切れる。

しかしながらそれほど改良を続けていても、今なおごくごく一部に本作が抱えるどうしようもない弱点が残されたままであったのも事実。その弱点とは(見た目が美少女ゲームなので)人目が気になる』『1プレイにかかる時間が長いため、交代待ちの時間も長い』というところである。そんな悩みを抱えつつもやってきた2024年2月6日、麻雀ファイトガールの公式Twitter(X)にて突如ひとつの情報が発表された。ソレによれば『一部の快活CLUBの店舗にて麻雀ファイトガールがプレイできるようになる』とのこと。そう、稼働1周年を目前に控えたこのタイミングで本作はまた新たな一歩を踏み出そうとしていたのだ!!

というわけで今回は去年11月に本ブログで語った『麻雀ファイトガール』回延長戦!その名も『麻雀ファイトガール in 快活CLUBであーる!!ちなみに『麻雀ファイトガール』というゲームそのものについては過去記事にて一度ガッツリ語っているため、『まず麻雀ファイトガールってなんだよ?』って人はそちらを参照して頂きたい。まぁシンプルに言い表すならば『可愛くてとっても楽しい、それでいて超初心者向けな本格麻雀ゲーム』である。ぶっちゃけ個人的に2023年で一番のめりこんだゲームだったりもする

続きを読む

ソニック3Dフリッキーアイランド / ソニック3Dブラスト

(『ソニック3Dフリッキーアイランド』)

メーカーのリソースは有限である。これはゲーム業界に限らず、現代社会における全ての会社に言えるハナシ。当然この記事を読んでいる諸君らもソレは理解しているであろう。無尽蔵にリソースを割けるメーカーなどいない。特定の作品に注力している状況では、必然的に何かしらのシリーズや作品が冷遇されているものである。

セガサターンの時代においてはこの冷遇されるポジションにいたのは、ほかでもない音速の青いハリネズミソニックであった。メガドライブ(Genesis)の時代に全米を魅了し、メガドライブ7本ゲームギアに至ってはあの短期間で12本もリリースされたソニックだが、セガサターンの時代になるとこの勢いは大幅に減衰。なんとセガサターンではソニックがたったの3本しか発売されなかったのだ。

(『ソニック3Dブラスト』)

今も昔もSEGAの顔を勤めているソニック、当然ながらソニックを遊べるのはSEGAハードだけであり、ハードを牽引することを考えればソニックに頼るしかないことは自明であろう。ならばなぜ、SEGAソニックをプッシュしない』という立ち回りをしてしまったのか?

この時代のSEGAについて率直に言うとソニックを継ぐ新たなSEGAの顔』を求めていたということがなんとなく推察できる。セガサターンの時代を迎えるにあたり、メガドライブの顔』のソニックではなく、新たな『セガサターンの顔』が欲しかったのだろう。実際サターンと同時期に立ち上げられたもうひとつの32bit機…メガドラの周辺機器であるスーパー32Xでは主役こそ違えど従来の本家ソニックの流れを汲むカオティクスがリリースされたほか、新機軸となるアクション作品『Sonic X-treme(ソニックエクストリーム)』も予定されていた。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/Monozuki/20191201/20191201030424.jpg

(『クリスマスナイツ』)

そして結局のところ、『NiGHTS』を筆頭にサクラ大戦バーニングレンジャー『ペパルーチョ』、アケ初出だがバーチャファイター知名度ではダントツのせがた三四郎などサターンの顔に相応しい作品は確かに生まれたが、その反動としてメガドラの顔だったソニックは冬の時代を迎える羽目になってしまった。最初に挙げたようにサターンでも確かにソニックは3本リリースされた。しかしながらそのうち2本は移植、残る1本は本流とは程遠いレースゲームとなんとも寂しい結果に終わっている。一方でソニックが活躍する予定だったであろうスーパー32Xはプラットフォームそのものが低迷してしまい、期待の完全新作『Sonic X-treme』はセガサターン向けに変更…したまではいいのだが、結局しばらくして開発中止という運命を辿ることとなる。

…で、急になぜこんなハナシを始めたのか諸君らも気になるところだろう。知っているヒトがいかほどいるかもわからぬが、実は先ほど挙げたセガサターンの3本のソニックのうち、我がブログでは既に2本をガッツリ語っている。そう、3年前に語ったソニックR、そして一昨年語ったソニックジャム』のことである。ここまで来たならモチロン…!残りの1つについても語らなければ不公平というもの!!というわけで今宵もゲーム語りといこう!今日の主役はソニック3Dフリッキーアイランド!それからソニック3Dブラストである!!
(ホントは2023年に予定していた記事でした)

続きを読む

3D スペースハリアー

スペースハリアー…通称『スペハリ』、過去幾度となく我がブログで語ってきたように本作には数多くの移植版が存在する。そしてスペハリの移植にはいずれも顔とでもいえるような特徴があった。しかしある時を境にしてソレは控えめになっていく。その理由はシンプルに『ハードスペックが追い付いたから』である。

SMSやファミコンのようにスペックがスペハリ移植に追い付いていなかった時代では開発側が様々な施策、或いはゴマカシを行うことで、少しでも本家アーケード版のプレイ感覚を再現しようとしていた。しかしながらいかに感覚を近付けたとしてソレはアーケードの完全移植にはなり得ず、必ずどこかで差が生まれていた。

一方、ハードスペックがスペハリ移植に足るスーパー32X/セガサターン以降の移植では大多数がアーケード版の完全再現を成し遂げるに至っている。その後のPS2版(コレクション)でも、Wii版(VCA)でも…。これらの移植は移植という観点で見れば100点満点であることは言うまでもない。しかし我は一抹の寂しさも覚えていた。『スペハリの華こそは移植の度に生まれる差違にある』、コレは過去記事でも挙げた我のスペハリに対する持論である。

だがこれまで移植に際して多彩なアレンジが施されてきたスペハリが、完全移植を成し遂げられるようになったその時から、『完全移植の先』へと足を進めなくなってしまったのである。…無論、完全移植に余計なモン付け足すんじゃねぇよというのも理解できるが。

今宵語るは完全移植のまま停滞していたスペハリ移植の未来を切り開いた一作スペハリ移植界の革命児『3D スペースハリアーである!
リリースは2012年12月26日でプラットフォームはそのタイトルからも察せられるように3DS、当時3DS向けに展開された『3D復刻プロジェクト』のトップバッターである。

ちなみに本記事ではこの3Dスぺハリ…3DS版のスぺハリの主な特徴について語っていく。大本の『スペースハリアー』がどんなゲームであるかについては既に知っている前提で進めていくため、『まずスぺハリってなに?』って人は過去記事にてガッツリ語っているためそちらを参照していただきたい。

さてさて、3D復刻プロジェクトというのはSEGAが誇る往年の名作(アーケード/メガドライブ)を3DS立体視に対応させつつ移植しようというもの。移植開発を手掛けるのはかつてPS2向けの『SEGA AGES 2500』シリーズの後期作品で名を馳せた有限会社エムツー

続きを読む

2023年にプレイしたゲームを振り返る

Goodbye 2023!
Welcome 2024!!

さぁさぁ今年もこの時期がやってきました。2023年でプレイしたゲームをザックリ振り返る記事である!流石に4回目ともなると手慣れたもんである。今年はそもそもレトロゲームに触れる余裕があんまりなかったのだが、例によって例の如く本記事でカウントに含まれるのは現行機…具体的にはNintendoSwitch/PS5/PS4/PC/ACのみである。Nintendo Switch Online』の旧作サービスや『PS Plus』のクラシックカタログはカウント外コレクション作品はコレクションという1つの作品としてカウントしている。

ちなみに2020年-2022年の振り返り記事は下記を参照である。

さてさて、気になる今年のプレイタイトル数は62本!ここにきて振り返り記事を作り始めてからの最高記録を更新したのである。まさかこんなことになるとは…。理由を推察するとすれば…例年よりもボリューム少な目なDLソフトが中心だったからだろうか。いつも通り目次は用意してあるので安心してほしい。

各タイトルの項目では『発売年』『ジャンル』『メーカー』『プラットフォーム』の4つの要素もセットで記載。『発売年』は自身がプレイしたプラットフォームでの発売年『メーカー』はデベロッパー(開発元)→パブリッシャー(販売元)の順で記載『プラットフォーム』は現行機種でリリースされたプラットフォームを記載し、そのうち自身がプレイした環境を太字にしている。基本的には自分調べの情報ゆえいくつか抜けがあるかも。またいつも通りの注釈ではあるが、テキストorスクショにてある程度のネタバレ要素も含まれているため、そこもご了承いただきたい。

それでは2023年を改めて振り返っていくとしよう!!!

続きを読む

PAC-MAN MUSEUM+(パックマンミュージアムプラス)

ナムコ(NAMCO)といえば黎明期から数々の名作でゲーム業界を支え続けた老舗オブ老舗である。アーケード・コンシューマの双方で歴史に名を遺す名作を大量に排出してきたということもあり、ナムコ系作品は過去様々な復刻が行われてきた。諸君らとてナムコミュージアムナムコアンソロジーなどでナムコのゲームに初めて触れたという人も少なくなかろう。今宵語る作品もある意味ではそのナムコミュージアム』の延長にあたる作品である。

というわけで2024年最初のゲーム記事ではPAC-MAN MUSEUM+(パックマンミュージアムプラス)について語っていくとしよう。プラットフォームはNintendoSwitch/PS4/One/Steamと幅広い。移植を手掛けているのは過去にナムコミュージアム』シリーズアーケードアーカイブス』の初期作品を手掛けてきたゴッチテクノロジーが担当。ナムコ系の移植であればおなじみのところである。

本作はそのタイトルから察せられるようにナムコミュージアム』のパックマン超特化バージョンパックマンシリーズ自体は過去何度かナムコ系コレクションに収録されたこともある…というかほぼ皆勤賞だが、本作ではその名に違わず収録作品は全てがパックマン!本家のAC作品にCS作品、年代も古くは1983年から新しいモノでは2015年までこれまた幅広い。

より厳密にはかつてPS3/360向けに配信されていた『パックマンミュージアムに追加要素をプラスしたコレクション作品が本作である。プラットフォームを跨いでしまっているため、扱いとしてはパックマンミュージアム(無印版)』と『パックマンミュージアム+(本作)』はそれぞれ別のゲームとなる。なお本作発売に際して無印版の配信は終了してしまったらしい。

続きを読む

Graze Counter GM

シューティングゲームアーケードゲーム市場での全盛期や弾幕STGの台頭直後に比べると控え目になったとはいえ、令和のこの時代とてその人気は静かながらに根強い。採算の都合からか大御所のメーカーが有名シリーズの完全新作を出すことは稀になってしまったが、インディーを中心に作品のリリースは途切れることなく続いており、一部では『トリガーハート エグゼリカ』など有名シリーズの復刻すら行われているほどである。というわけで今宵語るもまた2023年にリリースされたシューティングである。

『今年はやたらシューティングを語る記事が多いな』って?まぁ確かに我もソレには同意する…が楽しいんだから仕方あるまい。実は2月頃に語る予定だったのですが延びに延びて今年の〆になってしまったのである。

今宵の記事における主役、その名は『Graze Counter GM(グレイズカウンターGM)である!本作は元々Steamにてリリースされていた『Graze Counter』という作品のリメイク。開発を手掛けたのは同人ゲームサークルの『びっくりソフトウェア』である。我は本作をプレイ後にオリジナル版もプレイしたのだが、この記事ではリメイクとしてというよりは単独の作品として語らせていただこう。プラットフォームはSwitch/PS5/PS4/XSX/One/Steam、現行機種であればどれでも遊べる。今回は録画のしやすさからPS5版をチョイス。プレイ中にスクショを撮る余裕なぞSTGにはないのだ。

ゲームジャンルは縦スクロールの弾幕シューティング。公式がいうところによれば『超危険行為推奨系シューティング』とのこと。プレイヤーは通常ショット・グレイズカウンター・ブレイクという3種類の攻撃を使い分けてゲームを進めていく。本作最大の特徴は『敵弾をカスる(グレイズ)ことによるゲージ溜め』『ゲージ消費の大技グレイズカウンター』、そこから繋がる『ブレイクモードによる超火力ショット』である。システム的には怒首領蜂大復活』に『サイヴァリア』と『超連射68k』の要素を加えた感じといえば伝わる人には伝わるだろう。

続きを読む

螺旋麗嬢 スパイラルお嬢様 超髪のマキナ

『お嬢様』、諸君らはそのワードからどのようなキャラを連想するだろうか。いや、具体的には答えなくていい。我が聞きたいのはそこではない。…さて、諸君らの思い浮かべたお嬢様…その『髪型』はどんなものだっただろうか?…もしや、金髪縦ロールとかそういうこってこてなお嬢様だったりしたかもしれないだろうか?…そういえばお嬢様キャラのテンプレデザインってほぼほぼ完成されてるけど初出はなんなんじゃろ、意識したことがなかったな…。

まぁそんなボヤキはひとまずさておき今宵語るゲームはこちら、『螺旋麗嬢 スパイラルお嬢様 超髪のマキナ』!!本日はクリスマスイブということもあってできる限り華やかな作品をチョイスしたぞよ!!…いやまぁタイミングの都合でクリスマスにかこつけただけでクリスマス回ってワケではなかったり…。

とにもかくにもガッツリ語っていくとしよう。本作は今年の12月のはじめにリリースされた作品である。…結局10月から12月にかけて購入した新作パッケージ作品はほぼ全部ブログで語る感じになってしまったな。それだけ魅力的なゲームが揃っていた理由の証明になるのであんまり悪い気はしないけれど。
(ソニックスーパースターズ龍が如く7外伝ゆめいろユラムAir Twisterコレ)

プラットフォームはNintendoSwitchのみ。この時代にプラットフォーマー以外で特定プラットフォーム限定という作品は結構珍しいかも。あとゲーム内容には関係ないハナシをすると、今回は初めてゲームショップ1983というサイトを利用して購入したのだが中々面白いところであるな。どう面白いかは利用してみればたぶんわかると思うのである。

開発・販売を担当するメーカーは…シルバースタージャパン。我は本作のメーカー名を目にした時、おもわず三度見くらいしてしまった。何故ならばこのメーカーにアクションゲーム・パッケージ・フルプライスのどの印象も全く存在しなかったからである。シルバースタージャパンというのは元々PC向けのゲーム・非ゲーム問わず様々なソフトを開発していたところで、CSゲーム業界では2010年代あたりに頭角を現してきたゲーム会社である。一番の代表作といえばやっぱり社名まで冠している『銀星将棋』『銀星囲碁』シリーズだろう。

今も昔も数多くの囲碁・将棋のゲームを幅広いプラットフォーム向けにリリースしているため、囲碁・将棋ゲームといえば真っ先にその名が挙がるであろうほど特定の界隈において確固たる存在感を放っている。なおCSゲームにおけるホームグラウンドはDSiウェア3DSウェア、VitaやWiiUなどのダウンロードソフトといったところで、そこでは先に挙げた囲碁・将棋に限らずタッチバトル戦車などを筆頭に華やかさとはほぼ無縁ながら低価格でライトに楽しめる作品を数多くリリースしていた。まぁたまには『ラビ×ラビ』シリーズとかもあるにはあったが。

……ね?無骨・低価格・ライトなミニゲームを貫いてきたメーカーが急にこんな華やか・そこそこのお値段・ガッツリしたアクションゲームをパッケージでリリースするとか『あの会社に何が起こったんだ!?』ってビックリするでしょ?
(一応本作より前にDLソフトの詰め合わせだがラビ×ラビのパケ版とかは出している)

そんな感情に突き動かされる形で気付けば我も本作を予約していたのだ。無論ファーストインプレッションで引かれたのはタイトルとキャラ方面なのはそうだけど…。というか当の公式も開き直ってこのギャップをウリにしており、公式X(Twitter)でも『将棋メーカーがまじめに作ったお嬢様アクション』とか書かれている。見事に釣られてしまった…。

続きを読む