いろいろとゲームを語ろう

物好きなゲーマーがただただ最近遊んだゲームの感想とか内容とか書いていくブログ。レトロゲームの割合が高いかもしれない。更新は気が向いた時にだけ。

ソニックオリジンズの裏技(隠しコマンド)を紹介する

イースターエッグ…ソレはゲーマーたちにとってのロマンである。あるゲーマーはイースターエッグを見つけ出すために心血を注ぎ、またあるクリエイターは見つけて見せろといわんばかりに巧妙なイースターエッグをゲーム内に仕込む。ある意味では『ゲームを徹底的に遊びつくしたゲーマー』VS『お遊びを入れられる程度に余裕を持った開発を行えたクリエイター』ともいえる構図のこの遊びは、ゲーム業界が誕生した最初期…世界初のイースターエッグが存在するAtari2600向けの『ADVENTURE』の時代から昨今に渡ってウン十年の時を超えて続けられている

この記事を読んでいる諸君とて、ゲーム内に仕込まれたイースターエッグの類を目の当たりにした経験くらいはあるだろう。有名な例では星のカービィ』シリーズのHAL部屋だとか、ゼビウス』のスペシャルフラッグだって意味合いとしては立派なイースターエッグである。コナミ系ゲームで『コナミコマンド』という名のイースターエッグにお世話になった人も少なくなかろう
(まぁアレは誕生のきっかけがイースターエッグの定義から外れてる気もするが)

SEGAの顔でもあるソニック・ザ・ヘッジホッグシリーズにおいてもこういったイースターエッグは多数仕込まれていた。例えば『ゲーム内のステージを無茶苦茶に弄れてしまうモード』だとか…。何を言っているかわからないかもしれないが、コレはれっきとしたメガドラ時代のソニックシリーズに搭載されていたイースターエッグの一種である。イースターエッグといえど何もかもが許される物ではなく、流石に限度というものはある…が明らかに限度を遥かに超えた(ようにも思える)代物がソニックの中には残されていたのだ

それはそれとして、イースターエッグとはかくも儚いものである。そもそもが存在せずともゲームが成立するものであるため再現の優先度も低く、また勝手に仕込まれたが故にバグの起因となる可能性をも秘めているイースターエッグなぞ、残しておいたところでロクなことにならないのは言わなくてもわかるはずだ。結果としてイースターエッグは後年の移植版…酷いものでは移植ですらない後期ロットなどで存在を抹消されることも少なくない。

上述したもののようにゲーム内のデータに直に干渉を行えてしまうモノは言わずもがな真っ先に移植において削られるべき対象…のように一見思えるのだが、どういうわけかソニックシリーズではこういったイースターエッグも含めまるごと移植するのがお約束のようになっている。事実上の初コレクションともいえる『ジャム』でも、『メガコレ』でも『ジェムコレ』でも『アルコレ』(以下略)『クラコレ』でもこれらの要素は健在であった。

そしてソレは最新のオリジンズ』でも相変わらず。よって今回語るテーマはソニックオリジンズ内に仕込まれた裏技(イースターエッグ)』!!ソニックオリジンズに収録された各種ゲームに用意されている多種多様な裏技について、方法と共に紹介していくのである!
(大半はメガドラ自体から存在する由緒正しい裏技なのでググればいくらでも出てくるのは言わないで…)

ちなみにソニックオリジンズイースターエッグ…裏技の中にはメガドラ版から方法が変わっているものや、オリジンズ及びその前身となるスマホ版で初めて追加されたものも多い。そしてごくごく一部メガドラ版から存在を抹消されたものもある。今回の記事ではあくまでソニックオリジンズ』に着目しているため、オリジンズでは使用できない裏技』についてはスルーさせていただく。ただし一応メガドラ版から方法が変わっているモノについてはそちら側での方法や挙動についても触れていく

さてさて、ここからが本題、下記の目次から各種作品の裏技に飛ぶことができる。ちなみに一部項目には頭に記号が付いているが、この記号のうち『★』マークはオリジンズでもメガドラ版でも全く同じ方法で可能』『〇』マークはオリジンズでのみ可能』『△』マークはオリジンズメガドラ版の両方に存在する要素だが、それぞれ方法が異なる』ということを示している。

あとそれから、今回の記事はあくまで一覧的なモノなので後書き的なものはない。故に最後らへんはブツ切りで途切れることになるが、そこは気にしないでほしい。それでは多種多様なイースターエッグを全力で利用してソニックオリジンズを200%楽しむべしである。
(でも最初の100%は裏技抜きで楽しんでネ)

※エディットモードとは

 

(NintendoSwitchの『ソニックマニア』、現時点では最新のエディットモード)

今後度々名前が出てくるものなので先んじてここで解説しておこう。

エディットモードとはメガドラ時代のソニックシリーズにおけるお約束。いずれの作品でもやたらとややこしい手順で起動する隠しモード。媒体によってはデバッグモード』とか『配置モード』とか呼ばれたりもするが、この記事ではこの呼び名で統一。存在が確認されている作品はソニック1』ソニック2』ソニックCD』ソニック3』ソニック&ナックルズ』カオティクスソニックマニアの7作品

その言葉通り、ステージ内のオブジェクトを自由にエディット(編集)できる。もっとわかりやすく言うなら『ステージ内の好きなところに好きなモノを出現させられるモード』である。起動中はスコア表示がおかしくなったり、現在の座標がXYで表示されたりといったUI上の変化がみられるため、画面を見ればエディットモード中かどうかは一目でわかる

(スーパー32Xの『カオティクス』、コレにもエディットモードがある)

エディットモード中に特定のボタンを押すことで配置モードになり、この時にオブジェクトの切り替えや配置が行える。壁の中だろうとお構いなしに移動できるようにもなるため、通常プレイでは入れないエリアにも突入できる本来そのステージ内に存在しうるものであれば何でも配置OK、アイテムや敵キャラはもちろん。あろうことかゴールまで配置可能。この方法で配置したゴールでもちゃんとステージクリア判定になる

一見デバッグ機能の消し忘れのようにも思えるが、各種攻略本などでも触れられていることからもわかる通り、意図的に用意されたイースターエッグである。

ただし公式が残したモードとは言え、配置のしすぎでキャラオーバーを起こし処理落ち、自由に移動した結果『いしのなかにいる』状態になるといった事さえ容易に起こせてしまうのは要注意
(一応マニアのように後年の作品やメガドラミニといった一部移植ではそうなる前にストップがかかる)

そもそもコレ自体がなんでもアリの極地みたいなモードであり、本来の楽しみ方から逸脱しているため、ご利用は計画的に

ソニック1

オリジナル版ではアクトセレクト・エディットモードともにタイトル画面で隠しコマンドを入力することで突入できたが、オリジンズではアクトセレクトのみ突入可能でエディットモードにはもう1ステップ必要アクトセレクトのコマンドもオリジナルとは別物になっている。

ちなみに前身となるスマホ版ではタッチ操作を利用してオリジナルに存在した隠しクレジットを見る裏技もあったが、オリジンズでは使用不可。
(自分が見つけられなかっただけの可能性もあり)

△アクトセレクト(ソニック1)

タイトル画面で『↑↓←→』、リング音がしたらスタート。

選択可能なのはソニック1に登場する7ゾーン、突入するアクトも指定可能。スペシャルステージは単独の項目があるだけだが、サウンドテストの番号が実質的なステージ指定機能であり、00を再生した後にスペシャルステージを選択すると1番目01を再生した後に選択すると2番目…といった形式で選択可能。

オリジナルでの方法

タイトル画面で『↑↓↓↓←→』と入力後、Aを押しながらスタート。

1作目ということもあって後作に比べると簡素な作り。実は日本版と後年の移植版(メガコレ等)でアクトセレクト画面の構造が微妙に違ったりするSEGA AGES』や『3D』なら比較も容易なので見比べてみるのも一興。

〇ゲームコンフィグ(ソニック1)

オリジンズにおけるソニック1のアクトセレクトでは新たにいくつかのパラメータを変更できるようになっている。これらは基本的なコンフィグのほか、メガドラスマホの変更点を元に戻せるものとなっている。詳細は下記を参照。

PLAYER

プレイヤーキャラの設定

0は『ソニック&テイルス』1は『ソニック2は『テイルス』3は『ナックルズ』となる。ソニック1においてテイルスを同行させるためにはこの設定を有効化させるしかない。
(通常プレイではソニック1にテイルス同行の設定がないため)

SPINDASH

スピンダッシュを使用するか。

オフにするとメガドラ版同様にスピンダッシュが使用できなくなるほか、ドロップダッシュも使用できなくなるクラシックモードではオンにするとスピンダッシュは可能だが、ドロップダッシュが使用できない状態になる。
(要は『ジャム』に近い性能になる)

GND SPD CAP
AIR SPD CAP

地上速度/空中速度にリミットを付けるか。

メガドラ版のソニック1ではある程度以上のスピードにならないようになっていたのだが、コレを有無を指定する設定。オンにすると本来のメガドラ版と同等の最高速になるが、オリジンズに慣れていると遅く感じるかも。5面(スターライトゾーン)の坂道が目に見えて登りづらくなるのでそこで試すとわかりやすい。

S1 SPIKES

メガドラ時代から存在していたトゲ貫通バグを再現するか。

デフォルトはREV01(『メガコレ』以降のバージョン)と同様にダメージ後の無敵時間でトゲの上を歩けるのだが、オンにするとREV00(『メガコレ』より前の移植全般)のようにダメージ後の無敵時間をトゲが貫通するようになる。例えばトゲを踏んだ時のノックバックでトゲに着地したらそのまま即死する

ITEMS

ゲーム内で出現するアイテムを変更する。

デフォルト設定では『S1』『S1』『S2』はグラフィックが変わるだけだが『S1+S3』『S2+S3』に設定するとゲーム内の一部バリアが『ソニック3&K』における属性バリアに差し替えられる。もちろんソニックであればスペシャルアタックを使用可能。また、属性バリア有効時に限りソニックがW回転アタックを使用できるようになる
(つまりソニックの性能が3&K準拠になる)

MAX EMERALDS

ゲーム内に登場するカオスエメラルドの数。

ソニック1に登場するエメラルドは他シリーズと異なり6つなのだが、この設定では7つに変更することができる。7つのエメラルドを集めることで、本来ソニック1には存在しない筈のスーパー化が行えるようになる。当然ソニックならスーパーソニックテイルスならスーパーテイルスナックルズならスーパーナックルズになる。

ちなみにエメラルドが7つということでスペシャルステージも7つあり、7番目のスペシャルステージはスマホ版から追加されたオリジナルのものとなっている。尋常じゃない広さと中々の高難易度が特徴なので気を引き締めて挑戦すべし。

カオスエメラルド全入手(ソニック1)

アクトセレクト画面のサウンドテストで『04,01,02,06』という順に再生する。

『06』の再生時にエメラルド入手音が鳴れば成功メガドラソニック1には存在しない、ソニック2から逆輸入された裏技エメラルド数を7つにしていればスーパー化も可能

△エディットモード(ソニック1)

アクトセレクト画面のサウンドテストで『01,09,09,01,00,06,02,03』という順に再生、『03』の再生時にリング音が鳴れば成功。その後アクトセレクト等からゲームを開始すればエディットモードで起動する。

ちなみに『19910623』というのは言わずもがなソニックの誕生日であり、世界で初めてソニック1が発売された年月日でもある。

オリジナルでの方法

タイトル画面で『↑C↓C↓C↓C←C→』と入力し、その後Aを押しながらスタートボタン。

アクトセレクトのコマンドの合間にCを入れると考えれば覚えやすい。他作品のエディットモードと異なりアクトセレクトとの併用ができない点は注意。

〇8番目のスペシャルステージ(ソニック1)

アクトセレクト画面のサウンドテストで07を再生した直後にスペシャルステージを選択する。

ブロックで『CUSTOM』とだけ描かれた特殊なスペシャルステージに入れる。
エディットモードを有効化した状態でスペシャルステージに突入すると、通常のステージと同じ要領でオブジェクトの配置が行えるため、ソレを使って思う存分遊べということなのだろう。
ちなみにデフォルトではエメラルドやゴールはおろか壁となるブロックすら存在しないため、エディット無効の状態で突入すると100%詰む。入る時はエディットモードの有効化を忘れずに。

ソニックCD

メガCD版ベースのソニックCDはタイトル画面からコマンド入力を行うことができたが、スマホ版ベースの場合はソレらには未対応。ゆえにメガCD版に存在したスタッフのTA記録はスマホ版だと閲覧不可

ただし、同じく隠しコマンドで起動していた『ステージセレクト』と『サウンドテストタイムアタックモードでの全ステージ累計タイムを一定以内に収めることで、それぞれ個別のモードとして解禁されるので安心。…つまり言い換えれば隠しコマンドさえ入力できればいくらでもズルができたオリジナル版に対し、こちらはサウンドテスト解禁までは完全実力勝負ということになる。まぁソニックCDはシリーズでもかなり簡単な部類なので頑張り給え。

ちなみにサウンドテスト』では一部項目がオリジナル版と異なっているものの、隠しビジュアルやデバッグモードにはアクセスできる。中でも『DesertDazzle』と呼ばれるビジュアルはオリジナル版には存在しないスマホ版以降でのみ見られるモノであり、シリーズファン…特にソニックマニア』のプレイヤーであれば必見。

ソニック2とは違い、サウンドテストで使用する数値の意味は未だ謎に包まれている。なんとなくメガCD版の隠しビジュアル系はそれぞれの担当スタッフの生年月日(年を昭和X年と見る)っぽくも感じるが、如何せんその辺の情報が少ないもので…。

△隠しビジュアル(SONIC THE HEDGE HOG)

サウンドテストで『PCM NO.04, DA NO.21』に設定して再生。

やたら筋肉質で悪そうなソニック

オリジナルでの方法

サウンドテストで『FM NO.42, PCM NO.04, DA NO.21』に設定して再生。
(『ジェムコレ』はオリジンズと同じ設定でOK)

△隠しビジュアル(K.H.)

サウンドテストで『PCM NO.03, DA NO.01』に設定して再生。

メタルやエッグマンと共にノリノリなMCソニック
Come in Bad boys!

オリジナルでの方法

サウンドテストで『FM NO.42, PCM NO.03, DA NO.01』に設定して再生。
(『ジェムコレ』はオリジンズと同じ設定でOK)

△隠しビジュアル(さんちゃんず)

サウンドテストで『PCM NO.11, DA NO.09』に設定して再生。

おめめキラキラでCuteなソニック
ゆーあーくーる

オリジナルでの方法

サウンドテストで『FM NO.44, PCM NO.11, DA NO.09』に設定して再生。
(『ジェムコレ』はオリジンズと同じ設定でOK)

△隠しビジュアル(まぢん)

サウンドテストで『PCM NO.12, DA NO.25』に設定して再生。

ネットミームと化してるヤツ。多分コレ絡みだと一番有名。
たのしさ∞ セガ・エンタープライゼス

オリジナルでの方法

サウンドテストで『FM NO.46, PCM NO.12, DA NO.25』に設定して再生。
(『ジェムコレ』はオリジンズと同じ設定でOK)

〇隠しビジュアル(C.W.)

サウンドテストで『PCM NO.32, DA NO.08』に設定して再生。

通称『Desert Dazzle』スマホ版オリジナル面として追加しようとしたものの、敢え無く没ったステージのイメージビジュアル『マニア』のミラージュサルーンの原型ということでも有名。何故か表示後ステージセレクトに飛ぶ。

△隠しビジュアル(JUDY・TOTOYA)+エディットモード(ソニックCD)

サウンドテストで『PCM NO.12, DA NO.11』に設定して再生。

愛車のロータス・セブンとテイルスの2ショット
メガCD版だと数少ない彼の出番でもある。
コレの表示以降、ゲーム終了までエディットモードになる

オリジナルでの方法

サウンドテストで『FM NO.40, PCM NO.12, DA NO.11』に設定して再生。
(『ジェムコレ』はオリジンズと同じ設定でOK)

△8番目のスペシャルステージ(ソニックCD)

サウンドテストで『PCM NO.07, DA NO.07』に設定して再生。

通常プレイでは目にすることのない8番目のスペシャルステージに突入する。
巨大エッグマンのせいで初見は面食らうだろうが、難易度それなりの普通のスペシャルステージなので頑張ってクリアすべし。

オリジナルでの方法

サウンドテストで『FM NO.07, PCM NO.07, DA NO.07』に設定して再生。
(『ジェムコレ』はオリジンズと同じ設定でOK)

オリジナル版ではクリア時にスタッフの本名が表示される特殊なクレジットを閲覧可能
(オリジンズでは何事もなくメニューに戻される)

オマケ(オリジナル版のサウンド/ステージセレクト)

タイトル画面で『↓↓↓←→A』と入力するとサウンドテスト
タイトル画面で『↑↓↓←→B』と入力するとステージセレクト。

スマホ版/オリジンズではこのコマンドは無効、これらのモードはタイムアタックの報酬になったので頑張れ。

ソニック2

メガドラ版ではオプションメニュー内のサウンドテストを起因にしてアクトセレクト行きの隠しコマンドを入力していたソニック2だが、スマホ版以降はタイトル画面のメニューからオプションが消滅している。…が、タイトル画面で隠しコマンドを入力することでアクトセレクトに入れるようになっているので無問題。

ソニック2の裏技はその大半がサウンドテストの再生順によるものであるため、メガドラ時代で使えた裏技がそのままオリジンズ収録版でも使用できるのがありがたい。曲順も適当な並びというわけではなく、ちゃんと意味のあるものになっているのも魅力。

△アクトセレクト(ソニック2)

タイトル画面で『↑↑↑↓↓↓←→←→』と入力し、リング音が聞こえたらスタート。

時たま見かけるコナミコマンドもどき。アクトセレクト画面の構成がメガドラ版から微妙に変わっており、新たにヒドゥンパレスが項目として追加されている。ただしデフォルトでは選択不可。アクトセレクト経由でヒドゥンパレスへ突入するためにはもうひと手間必要になる。

オリジナルでの方法

タイトル画面からオプションに入り、オプション画面のサウンドテストで『19,65,09,17』という順に再生、その後タイトルに戻ってAを押しながらスタート。

ちなみに『19650917』というのはソニックの生みの親である中裕司氏の生年月日である。

〇ゲームコンフィグ(ソニック2)

アクトセレクト画面のサウンドテストで『00,00,00』という順に再生する。

ソニック1の物と同様にゲーム設定を変更できる。

PLAYER

ゲーム中で使用するプレイヤーキャラ。

ソニック・テイルス・ナックルズのほか、ソニックとナックルズはテイルスを同行させることができる

ITEMS

ゲーム内で出現するカプセル(アイテム)を変更できる。

バリア単独がデフォルトであり、『?』にするとカプセルの中身表示が消えた上でランダムになり、実際に取得してみるまで効果がわからなくなるソニック1のモノと同様にソニック3&Kに登場した属性バリアも登場させることができ、コレを含めた上での『?』設定もある。『?』設定時のカプセル効果はバリアやスピードアップ以外に『自身にダメージを与える』といったものもあるため、いつもと違ったプレイングが要求されなかなか楽しい

FLIGHT

テイルスのヘリテイルを有効化させるか。

実はメガドラソニック2におけるテイルスのヘリテイルはCOM専用の復帰用アクションであり、自操作時にはヘリテイルを使うことができなかったのだが、スマホ版以降は3以降と同じく自操作でもヘリテイルを使えるようになっている。
オフに設定するとメガドラの頃と同じようにヘリテイルが使用できなくなる。ちなみにあくまでドロップダッシュソニック専用アクションなので、ヘリテイルを無効化したテイルスでも使用できない

AIR CAP

空中速度にリミットを付けるか。

ソニック1にあったモノと同じ設定だがこちらでは空中のみ変更可能
ソニックよりはテイルスやナックルズに影響が強い。

カオスエメラルド全入手(ソニック2)

アクトセレクト画面のサウンドテストで『04,01,02,06』という順に再生する。

本来『06』はヒルトップのBGMだが、再生時にカオスエメラルドの入手音が鳴れば成功。数字の由来は…まぁ『良い風呂(4126)』の語呂合わせだろう。ジャムの攻略本でも『ハ〇ヤ』とか言われてるし…。

★コンティニュー増加(ソニック2)

アクトセレクト画面のサウンドテストで『01,01,02,04』という順に再生する。

『04』の再生時にコンティニュー増加音が鳴れば成功。当たり前といえば当たり前だがオリジンズのアニバーサリーモードでは無意味。ちなみに『1124』は北米におけるソニック2の発売日(年号抜き)である。

★エディットモード(ソニック2)

アクトセレクト画面のサウンドテストで『01,09,09,02.01,01,02,04』という順に再生する。

リング音が鳴れば成功、エディットモード状態となる『19921124』は年号も込みにした北米におけるソニック2の発売日

〇8番目のスペシャルステージ(ソニック2)

アクトセレクト画面のサウンドテストで『07』を再生したのち、スペシャルステージを選択する。

通常プレイでは存在しない筈の8番目のスペシャルステージに突入する。
スマホ版で新規追加されたステージであり、カオティクス『3Dフリッキーアイランド』で登場したような360度回転するチューブ構造が特徴、ソニック2のシステムでソレを無理くり再現しているためおぞましいレベルで視認性が悪い
視認性の悪さを抜きにしてもボム配置が異常に意地悪なほか、ノルマがかなりギリギリに設定されているため、ネタ抜きで最難関のスペシャルステージテイルスを同行させると笑えないくらいノルマが厳しくなる

〇アクトセレクトからヒドゥンパレスへ

エディットモードを有効化したあと、アクトセレクト画面のサウンドテストで『03,03,03,0B,10,10,10,04』という順に再生する。

リング音が鳴れば成功で以後ヒドゥンパレスをアクトセレクトから選択可能になる。本来この裏技はプロトパレスに突入するためのものなのだが、オリジンズ版ではヒドゥンパレスにのみ突入できる
他のサウンドテスト系裏技と異なり数字の並びそのものに意味はなさそうだが『03』はVSモードのミスティックケイブ(兼ヒドゥンパレス)『0B』はミスティックケイブ『10』はプロトパレスの没曲『04』はオイルオーシャン…といずれもヒドゥンパレス(とプロトパレス)絡みのBGMになっている。

ソニック3&ナックルズ

メガドラ版のソニック3&Kでは『コマンドやタイミングがロックオンの有無で変わる』『入力難易度が異常に高い』『3単独ではアクトセレクトの一部項目が動作しない』といったヘンな問題点を抱えていたためか、オリジンズではかなりシンプルに修正されている

△アクトセレクト(ソニック3&K)

タイトル画面で一度スタートを押してからキャンセルする。
(画面に『PRESS START』が出ている状態にする)
その後『↑↑↓↓↑↑↑↑』と入力、リング音が鳴れば成功。

選択可能な項目はとにかく膨大真ボス戦まで含めた全14ゾーンのほか、3種類のボーナスステージスペシャルステージ新旧ブルースフィア2P対戦用ステージまである。当然キャラ変更も可能で、スカイサンクチュアリのようなキャラごとに内容が異なるステージは別ステージとして扱われている。

オリジナルでの方法+エディットモード(ソニック3単独)

タイトル表示直前の画面が暗くなっているタイミング(ソニックが飛び出してくるまでの間)に『↑↑↓↓↑↑↑↑』と入力、成功するとメニューにサウンドテスト(実質アクトセレクト)が追加される。ステージ選択時に普通にスタートを押せば通常通り、Aボタンを押しながらスタートを押せばエディットモードで突入できる。

手順だけ書くと簡単に思えるが、実際のところ入力猶予が2秒未満しかなく、オマケに入力タイミング中はフレーム落ちにより度々入力失敗判定になるという難儀なシロモノだったりする。

アクトセレクト画面ではソニック3のステージだけでなく、一部後編のソニック&ナックルズ用のステージも並んでいる…がこの時点ではあくまでテキストだけの存在なので選択しても何も起きないフライングバッテリー(3&Kの8面)が5面の位置にあったり、マッシュルームヒル(3&Kの7面)が『マッシュルームバレー』という名前になっていたりと、開発段階の名残のようなものが感じられるのが特徴。

この画面はあからさまにソニック2のものの流用であり、ステージアイコンもそのまんまソニック2の物が表示される。項目数の都合で(メガドラ版の)ソニック2では没データ扱いだったヒドゥンパレスのアイコンが表示されてしまっているのはご愛敬。

なお基本的に本記事で『オリジナルでの方法』と紹介されているコマンドはメガドラ版のほか、『ジャム』『メガコレ』『ジェムコレ』といった各種移植でもそのまんま使用できるのだが、『ジャム』収録の『ソニック3(ロックオンなし)』に限りこの方法は使用できないジャム版ではオリジンズと同じコマンドを使用するべし。ちなみにジャム収録版では微妙にメガドラ版とUI表示が違っていたりもする。

オリジナルでの方法+エディットモード(&ナックルズ単独)

マッシュルームヒルで最初に出てくる手動エレベータ(↓入力で登るヤツ)に掴まった状態で『←←←→→→↑↑↑』と入力、リング音が鳴れば成功。以後ポーズ中にAボタンを押すとタイトルに戻れるようになる。その後タイトル画面でAボタンを押しながらスタートでアクトセレクト画面に入れる。ソニック3同様にアクトセレクト画面でAボタンを押しながらステージに入るとエディットモードになる。

アクトセレクトの構造はソニック3+αといった感じで、エンジェルアイランド-ランチベース(3/3&Kの1面-6面)までの項目も残されている…が、選択してもマッシュルームヒル(7面)からのスタートになる。サウンドテストソニック3のものと共用なのだが、データが存在しないのかソニック3側のステージや3時点でのナックルズのテーマは聴くことはできない。またタイトル画面が実質的なキャラ選択となっているためテイルスは使用不可能

終盤ステージの項目名が非常にややこしく、何故かラヴァリーフ(10面)のACTが4つもある。コレは内部的にボス戦エリアがACT3、ヒドゥンパレスがACT4と扱われているため。スカイサンクチュアリ(12面)もソニック編がACT1、ナックルズ編がACT2という扱いデスエッグ(13面)に至ってはボス戦エリアがドゥームスデイ(14面)のACT2扱いというとにかく混乱する作り。

基本的に『本来ありえないシチュエーションでのプレイ』はできない作りになっており、ソニックでナックルズ編のスカイサンクチュアリをプレイしたり、その逆を行おうとしてもNG音が鳴って弾かれる…が何故かナックルズでデスエッグに突入することはできる。…まぁレッドアイ(ACT1ボス)がソニック/テイルス前提の設計のため、ナックルズではどう足掻いても詰むのだが。
(ACT2から開始すればクリア可能)

オリジナルでの方法(ソニック3&ナックルズ)

エンジェルアイランドで最初に出てくるロープ(ターザンみたいなアレ)に掴まった状態で『←←←→→→↑↑↑』と入力、リング音が鳴れば成功。以後ポーズ中にAボタンを押すとタイトルに戻れるようになり、タイトル画面にサウンドテスト(実質アクトセレクト)が追加されている。

アクトセレクトは&ナックルズ単独のものと同一だが、あちらでは選択不可能だった1面-6面への突入が可能なほか、テイルスも使用可能。ただし相変わらず『本来ありえないシチュエーション』でのプレイは不可能である。

ソニック3単独やソニック&ナックルズ単独とは異なり、コレだけではエディットモードを使用できない点は注意。

△エディットモード(ソニック3&ナックルズ)

アクトセレクト画面のサウンドテストで『01,09,09,04,01,00,01,08』という順に再生する。

3&Kのエディットモードはまさしく無敵!普段通りの機能はもちろん、なんとこれまで弾かれていた『ありえないシチュエーション』でのプレイも可能!!
夢にまで見たソニックを使用してのスーパーメカソニックナックルズを使用してのドリルモービル空中戦に挑むことができる。詳細は後述するがメガドラ版3&Kにてそういったシチュエーションでプレイした場合、相応にヤバげな問題が発生していたのだが、こちらではそういったポイントは問題がないように修正されている
ちなみに『19941018』というのは年号込みでの海外におけるソニック&ナックルズの発売年月日である。
(日本だと10日ほど遅い)

オリジナルでの方法

マッシュルームヒルで最初に出てくる手動エレベータ(↓入力で登るヤツ)に掴まった状態で『←←←→→→↑↑↑』と入力、リング音が鳴れば成功。

アクトセレクトと併用できるのでアクトセレクト→エディットモードという順に起動していけばいいオリジンズのものと同様に『ありえないシチュエーションでのプレイ』が可能になっているが、結構な頻度で表示回りの不具合が発生するナックルズやテイルスのグラフィックがグチャグチャになったり、エッグマンが粉々に砕け散ったりナックルズが真っ青になったりするが、特に気にしてはいけない。

カオスエメラルド+スーパーエメラルド全入手

アクトセレクト画面のサウンドテストで『04,01,02,06』という順に再生する。

ソニック2の裏技が3でも使えるようになった1回実行するとカオスエメラルド2回実行するとスーパーエメラルドが7つ集まった状態になる。